読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブラックペアン 通販ならおまかせ♪

楽天
タイトルの気になった物から読んでいます。かなり脇役も含めてキャラクターの設定がしっかりしているので、一人一人に親近感がわき、派生する話にも興味がわきます。スピード感が好きな作家さんです。

こちらになります!

2017年02月26日 ランキング上位商品↑

ブラックペアンブラックペアン1988(下) [ 海堂尊 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

とてもおもしろくて!おすすめです。講談社の文庫は、文字が気持ち大きく、行間もあいているため、1Pに記されている文字は少ないですね…。海堂さんの本は文庫本にされているものは全て読み終わって!本棚に収まってます。携帯なんだからもっとTPOを考えて欲しい。(文庫待ち派なので)この作者の本は、それだけでも問題ありませんが、他のシリーズを読んでいると、面白さは増えると思います。医学を志す人間の心構えとか大学病院の医局の様子とかがよくわかります。医療行政を基本路線としたミステリー?バチスタシリーズの何作目?飲み会の待ち合わせまで時間があったため、本屋に寄ったらいつの間にか出ていたので、さくっと携帯から購入。海堂尊さんの医療ミステリーは大抵読んでいます。いつも著者の医療/医学への問題意識の高さ、そして作品の構想力の素晴らしさに驚かされます。やはり現役医師が書いているだけあって、下手に素人が映画化・ドラマ化して演じるよりもリアリティーがあります。田口・白鳥コンビを読んでいると、登場はそれほど多くないけれど隙がない割にいい味の高階院長の存在が結構大きく魅力的。医療小説としても面白いですが特に、海堂ワールドとして、現在の登場人物の昔の姿が見れることで面白さも倍増です。海堂さんの作品はすべて読んでいますがもしかしたら自分の中ではこれがNO1かも。登場人物がそれぞれ個性的で面白いです。上巻に続けて!下巻もスピード感たっぷりです。分冊されるとすごく薄いし。「命の尊さ」という普遍的なテーマを背景にしているので、誰しも胸が熱くなると思います。何だかかえって読みにくいです。『ジェネラル・ルージュ』の次に好きな作品になりました。とても面白いです。次は一躍有名になった「チームバチスタの栄光」を読んでみようかな。海堂尊作品に目覚めて購入です。海堂尊さんの作品は「ジェネラルルージュの凱旋」「ナイチンゲールの沈黙」「ジーンワルツ」と!まだ4作品目です。作品自体にはなんら問題はないです。本当に一気読みしてしまうくらい止まらない作品です。上下と一緒に買いましたし、継続した話ですので特にないですがこの後佐伯教授との関係、どうやって院長になったかなどきになる所です。その若かりし頃の話だそうです。楽しみです。秋には出るかな、とずっと待っていた本なので、楽しみにしていました。シリーズ第一作となった『チーム・バチスタの栄光』に繋がる東城大学医学部付属病院の約20年前の人間模様が描かれてます。1日で読んでしまいました。高階先生が病院長になるまで!この続きもぜひ書いていただきたい。お勧めです!! 現在!『ブレイブメス』という続編が小説現代で連載中との事です。荷物にならずにすんでよかったと思ったら、配送のお知らせはAM6:00に送られてきた。内容とは関係ありませんが!これは分冊する理由は何なのでしょう。。ただ!キャストが多くなってきたのでそろそろ人物相関が混乱してきました^^;」バチスタ!ジェネラルの登場人物がみんな若いっ!!花房師長の恋人は速見じゃなかったんですね。読みやすくて!面白いです。こちらも読んでみます!!このシリーズはいつも読んでいるようで!学校の朝の読書であっというまに読みきっているようです。